SAO

SAOプログレッシブ映画を観た感想

2021年12月5日

SAO

こんにちは!おかもんです。(@okamon0622)

今回は『劇場場ソードアートオンラインプログレッシブ星なき夜のアリア』の感想を書いていきたいと思います。

私はSAOのアニメが始まった2012年からずっとSAOにハマっていますので、プログレッシブシリーズの劇場版は非常に楽しみでした!

原作も読んでおり、内容を理解していましたが新キャラの登場やアスナ視点ということもあり新鮮な気持ちで楽しむことができました。

ここでは私が面白かったところや注目するべき点などを書いていきますので、映画を観た方だけでなく観ていない方もご覧ください。

ただし、ネタバレを含んでいますので気にされる方はご注意ください。

この記事読むとわかること

  • SAOプログレッシブの面白かったところ
  • SAOプログレッシブの注目するべきところ

SAOプログレッシブの面白かったところ

私が映画をみて面白かったと思ったところは2つです。

面白かったところ

  1. アスナ視点で描かれている
  2. 戦闘シーンや重要な場面での作画

では、どういったところが良かったのか詳しく書いていきます。

アスナ視点で描かれている

SAOは基本主人公であるキリト視点で物語が進んでいきます。

原作のプログレッシブシリーズもキリト中心に物語が進んでいきますので、アスナ視点での物語は非常に新鮮です。

そして、今回の『星なき夜のアリア』は2012年にスタートしたSAOアニメ第1期の1,2話の部分ですので、SAOシリーズを見ている方にとっては1度見ている内容でもあります。

ですがアスナ視点にし、新キャラ「ミト」を登場させることによってまた違った内容として楽しむことができました。

プレイヤーネームを本名にしてしまうほど、ゲームに慣れていないアスナが第1層のボス戦でキリトと一緒に戦えるレベルまでになっていたのには、こういう背景があったのかと理解できる内容でした。

今まではアスナがSAOという世界に負けないために、もがいたからこその強さなのかと思っていましたが、実は技術などを教えてくれた友人がいたから今のアスナがいるんですね。

原作になかった展開でしたが、物語の内容を大きく変えることはありません。

むしろ新キャラのミトとアスナやキリトがどのようにアインクラッドを攻略していくのかが非常に楽しみになりました。

戦闘シーンや重要な場面での作画

SAOシリーズの見どころはやはり戦闘シーンですよね!

シリーズが進めば進むほど戦闘シーンの迫力が増していきます。

テレビアニメのアリシゼーション編はもう鳥肌がとまらないほどの迫力でした。

今回のプログレッシブもテレビシリーズに負けず、劇場という大画面大音量をフルに生かした最高の盛り上がりを見せてくれました!!

2012年に放映された1,2話をまた見ましたが、ソードスキルの軌道や剣で斬りつける溜め、キャラクターごとの剣の斬り方などクオリティが劇場版では各段に上がっており、まばたきする時間がもったいないほどのボリュームでした!

始まってから9年も経っていますが、ここまで作品のクオリティというのは変わっていくものなんですね。

更に戦闘シーンだけじゃなく、アスナが負けないと雨に打たれながらも決意をするシーンは息を飲むほど魅せられました。

そのシーンはPVにもありますので、ぜひ見てみてください。

他にも個人的に力をいれているなぁと思ったのは「アスナの入浴シーン」です。

これは前作の「オーディナルスケール」でも描かれていましたが、また違った色っぽさがあり魅入ってしまいますね。

オーディナルスケールの時は映画館で隠されていた部分がDVDで見えていたので、今回も同じようなことが起きるかもしれませんね。

 

SAOプログレッシブの注目するべきところ

私が思うSAOプログレッシブで注目するべきところは2つです。

注目するべきところ

  1. アスナのログインパスワード
  2. 新キャラ『ミト』の魅力

では、どうして注目するべきなのかをまとめていきます。

アスナのログインパスワード

アスナのログインパスワードは公式HPで入力すると壁紙がもらえるという企画に使われます。

 

 

本編中にアスナがSAOにログインするシーンがあるのですが、劇場の画面全部がログインの画面になっています。

その際にアスナのID、パスワードが入力されるのでそれを確認することで回答することができるのですが、私は全くわからなかったです(笑)

てっきりパスワードが見えるのかと思っていたのですが、そんなことはなく『●』で入力されていました...

まあ、パスワードですから当然ですよね。

「私じゃなきゃ見逃しちゃうね」って言いたかったんですが、普通に見逃してしまいました(笑)

では、「どこを見ればわかるの?」という疑問が出てきます。

実はログイン画面の下にキーボードが表示されていたので、パスワードを知りたいのならログイン画面下に注目しましょう!

どのように入力されるのかキーボードの動きに注目するのです。

果たして何回見ればわかるのでしょうか。

新キャラ『ミト』の魅力

劇場版SAOプログレッシブで一番注目したいのは、劇場オリジナルキャラの『ミト』ですよね!

 

私は映画を観るまでは、既にシリーズ化されているプログレッシブでミトがキリトとアスナにどう関わっていくのかが非常に楽しみでした。

では、ミトがどんなキャラクターなのかをまとめてみたいと思います。

ミトってどんなキャラ?

  • 本名『兎沢 深澄(とざわ みすみ)』
  • アスナと中学校の同級生
  • アスナと友達
  • アスナの髪型はミトが結んだ
  • 成績は常に学年トップ(ちなみにアスナは2位)
  • スポーツもできる
  • ゲームが上手でゲーセンの格闘ゲームでも連勝できる
  • SAOのβテスター
  • SAOに閉じ込められてからはアスナに戦い方を教えつつ、共に戦った
  • つながりのある人がゲームを理由に離れていくことを恐れている

ミトはリアルでは文武両道できるすごい子です。

最初はアスナと関わりがないのかと思いきやそんなことはなく、放課後屋上でゲームするほどの仲良しでした。

アスナはゲームのことを全く知りませんでしたが、ミトのおかげでSAOにも興味を持ちます。

ミトはゲームも上手なので、ゲームの面白さや醍醐味をアスナに伝えます。

βテスターということもあり、SAOがデスゲームとなっても引き際や有利にするための知識で全くの初心者であるアスナをサポート、成長させていきます。

原作ではアスナがキリトと出会うまでにどのようにして戦い方を身につけたのかが描かれていなかったので、アスナが戦えるのはミトのおかげだったんだと自然と納得できる展開になっていました。

しかし、そんないいところだらけのミトですが実はゲームでしか人とつながりをもてないという面もあります。

成績優秀、スポーツ万能なミトですが、リアルでは友人に囲まれることはなく1人でいるという場面が描かれています。

また、過去にゲームをする友達はいましたがミトがうますぎるせいでつまらない、一緒に遊ばないというシーンもあります。

ミトはゲームが自分と周りをつなげてくれるものであり、その中でアスナという友人も離れていってしまうことに畏怖し、なんとかつなぎとめようともします。

普段はなんともないように振る舞っていますが、孤独になることを恐れる弱さも持っているのです。

まとめ

SAOプログレッシブはアスナ視点、新キャラ『ミト』の登場といった新たな要素のおかげで作品の世界観を崩すことなく、新たな物語として楽しめる作品になっていました。

そしてプログレッシブを見たことで、やはりアインクラッド編が一番面白いなと再確認しました。

キリトやアスナ達のまだ作りあげられていない人間関係やゲームの死が現実の死と直結する緊張感、なにもかも未知数で何が起こるのかわからないハラハラとした雰囲気が非常に面白いです。

次回作『冥き夕闇のスケルツォ』(原作の4巻)の公開も2022年にあるそうなので、ミトも加わってどんな展開になるのか今からとてもワクワクします!!

ここまでご覧いただきありがとうございました!

SAO
『ソードアート・オンライン』25巻〈ユナイタル・リングⅣ〉期待感が高まるラストが熱い!

続きを見る

 

関連商品の紹介


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SAO
-, , ,